引っ越し

引越しの食器の梱包で新聞紙がない!ラップを使った簡単な包み方

食器の梱包

引越しの時、食器の梱包には新聞紙を使うことが一般的ですが、最近は新聞を取っていない家も多いですよね。

 

私も食器の梱包をするときになって、「新聞紙がない」とあわててしまった経験があります。

 

わざわざ食器の梱包のためだけに新聞を買うのは余計なお金がかかるし、かといって友達や親にもらうのも面倒。

 

小さな皿はいらなくなった雑誌で代用できるとしても、大きめの皿は無理ですよね。

 

そんなときに、私が使ったのはラップなんです。ラップならどこの家にもだいたいあって、スーパーや100均でも簡単に手に入れることができますよね。

 

そして新聞紙を使うよりも、メリットがいっぱいだったんです。

 

私は一度ラップで食器の梱包をしてから、一度も新聞紙を使おうと思ったことはありません。

 

今日は引っ越しの食器の梱包の時に、新聞紙がなくてもできるラップを使った簡単な包み方を詳しく解説していきたいと思います。

引越しの食器の梱包 新聞紙がない時にラップを使う方法

  1. 食器の梱包にはSサイズ(100サイズ)の一番小さなダンボールを使います。
  2. ダンボールの底に十字にガムテープを張りましょう。
  3. ダンボールの底にタオルやシーズンオフの服を入れます。
  4. 同じ大きさの食器を重ねてラップを2~3回巻き付けます。(食器がずれなければ大丈夫です。)
  5. 食器はダンボールに立てて入れましょう。(平積みにしていくと下のほうの食器が重さで割れてしまうことがあります。)

     

    食器の梱包 ラップ1

  6. 食器と食器の隙間にもタオルやシーズンオフの服、ぬいぐるみなどを入れます。(足りなければ、いらなくなった雑誌を破いたものやプチプチも使えます。)

     

    食器の梱包 ラップ2
    (写真ではタオルが足りなくなってしまったので、私は少し残っていた子供新聞を使っています。)

  7. 詰め終わったら、ダンボールを前後左右に振ってみましょう。(カチャカチャ音が鳴らなければオッケーです。)

私は今まで3回以上この方法を使っていますが、積み替えがある長距離の引っ越しでも割れたことはありません。

引っ越しの食器の梱包を新聞紙でするデメリット

食器は新聞紙などで包むのが一般的ですが、実はデメリットが多いです。

 

私も最初の頃は当たり前のように新聞紙を使っていたのでわかりますが、引っ越し先で食器棚に片付けようと思った時かなりの手間がかかるんです。

食器を片付ける前に洗う必要がある

新聞紙で梱包した場合、新聞のインクがどうしても食器についてしまいますよね。だから食器棚に片付ける前にすべての食器を洗う必要があるんです。

 

普段そんなに大量に食器を洗うことなんてないですよね。私の場合はこれが本当に苦痛で、どうにかならないかと思っていました。

 

引っ越し直後なんて他にやることが大量にあるのに、食器洗いに無駄な時間を費やすことになってしまいますからね。

大量の新聞紙のごみが出る

デメリットはそれだけではありません。食器を包んでいた新聞紙をはがした後に、あっという間に新聞紙の山ができます。

これを捨てようと思うと資源ごみになるんですね。

 

資源ごみに出すためには、ぐちゃぐちゃの新聞紙をいちいち畳み直さなければなりません。

 

ここでまたかなりの時間を費やすことになってしまいます。

 

私はこれも非常にストレスに感じていました。しかも作業のあとは手もインクでまっ黒というおまけつきです。

引っ越しの食器の梱包をラップでするメリット

一度、食器をラップで梱包するメリットを知ってしまったら、もう新聞紙で包もうなんて思わなくなりますよ。

食器棚にそのまま戻せる

食器をラップで梱包

 

食器をラップに包んだ場合は、食器が汚れることもないので洗わずに済みます。

 

そして透明で何が入っているかわかるので、私の場合はいつも上の画像のように取りあえずそのまま食器棚に戻してしまっていますよ。

 

これで忙しくてもあっという間に片付きますよね。

 

そして小物も間違えて捨ててしまう確率が減ります。

(実際に私が新聞紙で食器を梱包していた時は、気づかずに小物を捨ててしまいそうになった経験あり。)

 

あとは使う時にラップをはがすだけです。

 

ラップのごみはたたむ手間もありません。

 

ただ丸めてゴミ袋にポイと入れるだけです。

 

雑誌を使ったとしても最小限なので、処分もとても楽です。

食器の処分が簡単

もう一つのメリットは使うときにラップをはがすようにすれば、使わない食器はずっとラップがついたままということ。

これのどこがメリットかというと、使っていない食器が一目で確認できるので、次の引っ越しまでに処分するか考えるきっかけになるんですね。

 

私の場合、今までは引っ越しの荷造りの段階になってから、「あれっ。この食器って引っ越してきてから使ったかな。」とかいちいち考えてから処分していたんです。

 

でもラップがついているのが使ってない証拠になるので、別に引っ越し直前じゃなくても気づいたときに処分できます。

 

これで次の引越しの時はまた梱包しなきゃいけない食器の数が減って、どんどん楽ができるようになるんです。

ラップは余っても無駄にならない

ラップはスーパーや100均、ドラッグストアやホームセンター、コンビニなどだいたいどこにでも売っているのでとても買いやすいです。

 

引越し用にラップを多めに買って、もし余ってしまったとしても、料理の時にどうせ使うので無駄にはなりません。

 

ほんとにメリットしか思いつかないです。

まとめ

引越しの食器の梱包は新聞紙がないときでもラップで簡単にできます。

 

というよりも新聞紙があっても、迷わずラップでやることをおすすめします。

 

以前の私のようにいちいち大量の食器を洗うこともなくなるし、大量の新聞の山を見て途方に暮れることもないです。

 

一度やってみると今までのは何だったんだと、その楽さにビックリすること間違いなしです。ぜひやってみてくださいね。

 


   引っ越し