暮らし

500円のヘアアイロンが売ってる場所はどこ?ドンキやダイソー キャンドゥの店舗で買える?安いヘアアイロンのデメリットは?

500円のヘアアイロンが売ってる場所

500円のヘアアイロンが売ってる場所はどこかというとキャンドゥです。

 

今回は他にも500円のヘアアイロンが買えそうな店舗を徹底調査した結果をお伝えします。

 

ドンキやダイソーはもちろんのこと、なんと500円より安い390円でヘアアイロンが売ってる場所も発見しましたよ。

 

そして、500円のヘアアイロンってちゃんと使えるのか、気になる口コミやデメリットも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ただ、毎日のようにヘアアイロンを使うなら、チタニウムのプレートが使われている商品を選んだ方が髪に負担が少ないですよ。

 

 

500円のヘアアイロンが売ってる場所はどこ?ドンキやダイソー キャンドゥの店舗で買える?

 

500円のヘアアイロンが売ってる場所として可能性が高そうなのは、ドンキホーテや500円商品も扱っている100円ショップですよね。

 

本当に500円のヘアアイロンが売っていたのか、徹底調査した結果をお伝えします。

 

ドンキ

 

ドンキには500円のヘアアイロンは売っていませんでした。

 

ドンキで500円でヘアアイロン買えたという情報も1件だけ見つけたのですが、元々500円で売っていたわけではなく最終処分価格で500円で買えたということだったので、今は店舗に行っても買える可能性はほぼなさそうです。

 

ダイソー

 

ダイソーにも500円のヘアアイロンは売っていません。

 

ダイソーでも100円商品以外の500円商品なども増えているので、これから取り扱いが始まる可能性はありますが、2021年現在は店舗で買うことはできないです。

 

キャンドゥ

 

キャンドゥでは500円(税込み550円)のヘアアイロンが売っていますよ。

 

大きさは普通のヘアアイロンよりもコンパクトで、長さも17㎝しかありません。

 

でも、コードの長さは1.2mと普通のヘアアイロンと同じくらいあるので、短すぎて使いにくいことはないですね。

 

 

500円商品が売られているコーナーに並んでいるので、見つけやすくなっています。

 

私が見たときは黒いヘアアイロンしか売っていなかったのですが、ピンクもあるようです。

 

ただ、人気があるので売り切れてしまって買えない可能性もあります。

 

500円商品コーナーで見当たらない場合は、店員さんに聞いてみると入荷予定などを聞くことができますよ。

 

1000円以下の安いヘアアイロンを売ってる場所はどこ?

 

500円のヘアアイロンが買えるキャンドゥ以外にも、1000円以下の安いヘアアイロンが売ってる場所はありますよ。

 

オーサムストア

 

AWESOME STORE(オーサムストア)には590円(税込み649円)のコンパクトヘアアイロンと980円(税込み1,078円)の2Wayヘアアイロンが売っていますよ。

 

 

 

両方ともピンク色のミニサイズのヘアアイロンです。

 

残念ながら温度調整はできないのですが、コンパクトヘアアイロンが160℃~170℃まで、2Wayヘアアイロンが170℃~180℃まで温度が上がります。

 

サンキューマート

 

サンキューマートにもヘアアイロンが売っています。

 

サンキューマートという名前の通り、ヘアアイロンもなんと390円(税込み429円)で買えてしまうんですよ。

 

カラーはパープル・ホワイト・ベージュの3色のパステルカラーでとてもかわいいです。

 

キャンドゥの500円商品でも十分安いですが、サンキューマートの429円は激安すぎてビックリしますね。

 

値段の0を一つ付け忘れたんじゃないかと不安になるくらいですが、間違いないですよ。

 

家の近くにサンキューマートの店舗がない場合は、送料はかかってしまいますが楽天の公式ショップでも買えますよ。

 

ヘアアイロン サンキューマート
created by Rinker

 

楽天やAmazonなどの通販

 

楽天やAmazonなどの通販でも1000円以下でヘアアイロンが売ってる場所があります。

 

 

500円のヘアアイロンの口コミ

500円のヘアアイロンって、実際使ってみてどうなんだろう?って口コミが気になりますよね。

 

 

 

 

 

 

500円のヘアアイロンは温度調整はできないけど、前髪には十分使えるという口コミが多かったです。

 

そして、なんとキャンドゥのヘアアイロンを髪以外に使っているという口コミも見つけました。

 

プラモデルのランナーをプラ板に再利用するために、500円のヘアアイロンがちょうど使いやすいということ。

 

高いヘアアイロンを使うには躊躇しますが、500円のヘアアイロンなら別用途としても気軽に使えてしまうのはいいですね。

 

1000円以下の安いヘアアイロンのデメリットは?髪が痛むって本当?

 

1000円以下でヘアアイロンが買えるのは嬉しいのですが、やはりデメリットはあります。

 

  • 細かい温度調節ができない
  • 小さめなのでヘアセットに時間がかかる
  • 海外対応でない商品が多い
  • 髪へのダメージが大きい

 

というのが、普通から高いヘアアイロンと比較したときのデメリットになります。

 

ヘアアイロンの温度は、高温になればなるほど髪は痛みやすくなります。

 

髪が痛まないように160℃以下に抑えたいと思っても、500円~1000円くらいの安いヘアアイロンは細かい温度設定ができないので、必要以上に高温になってしまうものが多いです。

 

また、1000円以下のヘアアイロンはミニサイズのものが多く、ヘアセットに時間がかかるので忙しい朝に使うには向いていません。

 

前髪をセットするだけに使うというのなら、それほど気にならないとは思いますけどね。

 

ミニサイズなので、旅行に持って行きやすいというのはメリットになりますが海外に対応していないものが多いので、持ち歩くとしても国内限定にはなります。

 

安く作るためにプレートなども高い素材のものは使えないので、滑りが悪くて摩擦による髪へのダメージも大きくなってしまいます。

 

ヘアアイロンはたまにしか使わないとか、旅行行くとき専用にするという使い方なら500円や1000円などの安いヘアアイロンで十分です。

 

でも、日常的に長く使いたいのなら温度調整が細かくできたり、髪に負担が少ないチタニウムなどのプレートが使われている商品を選んだ方がいいですね。

 

それほど高価なものではなくて、3000円台でもかなりいい商品は買えますよ。

 

サロニアのヘアアイロンはヘアアイロン市場売り上げ日本一、楽天の公式ショップのレビュー件数は28000件以上なのに4.56という高評価の商品です。

 

もちろん、温度調整は細かくできますし、髪に負担の少ないチタニウムが使われています。

 

 

 


   暮らし