イベント

ぶどう狩り 北海道でシャインマスカット狩り食べ放題や巨峰が食べられる場所はどこ?余市 仁木町 壮瞥の農園をご紹介

北海道でシャインマスカット狩り 食べ放題で楽しめる場所

北海道でもシャインマスカット狩りや巨峰系の大粒のぶどう狩りが、食べ放題で楽しめる場所がありますよ。

 

今回はおすすめのぶどう狩りができる場所、余市郡仁木町のさくらんぼ山観光農園・由仁町の千田ぶどう園・壮瞥町のタカシナ観光果樹園を紹介します。

 

お目当ての品種のぶどうが食べ放題で楽しめるように、ぶどう狩りのベストな時期を狙って行く方法についても書いていきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

 

とはいえ、シャインマスカット狩りができる時期はとても短いです。

 

残念ながら旬の時期を逃してしまったとしても、通販ならちょうど旬の産地のあまーい大粒のシャインマスカットを自宅まで届けてもらえますよ。

 

仲介業者が入らないので新鮮なシャインマスカットが安く買えます。

 

北海道でシャインマスカット狩り食べ放題! 余市郡仁木町さくらんぼ山観光農園

北海道でシャインマスカット狩りができる農園は余市郡仁木町にあるさくらんぼ山観光農園です

 

予約なしでOKなので好きなときに行けますよ。

 

時間帯はシャインマスカット狩りの食べ放題が一番の目的なら、やはり朝一がおすすめです。

 

仁木町のさくらんぼ山観光農園では、シャインマスカット狩りだけじゃなくて他の種類のぶどうやりんご、プルーンも時間無制限で食べ放題の「旬のくだもの狩りフルコース」もあります。

 

ぶどう狩りだけなら900円ですが、プラス200円の1100円で果物狩りフルコースにできるのでおすすめです。

 

もちろん、あえて果物狩りフルコースを選ばずにぶどう狩りを選んで、ひたすらシャインマスカット狩りを堪能するのもアリですよ。

 

シャインマスカットをスーパーなどのお店で買おうと思うと、ビックリするくらい高いですからね。

 

9月中旬~下旬には、シャインマスカット狩りのほかにもサニールージュ、紫玉などたくさんの種類のぶどうを収穫して食べ比べができます。

 

スーパーで売っているのを見たことがない、ブラックビートという巨峰に似たとっても甘いぶどうもありましたよ。

 

さっぱりとしたシャインマスカットと交互に食べると止まらなくなります。

 

仁木町のさくらんぼ山観光農園はシャインマスカット狩りと巨峰系のぶどう両方が食べ放題で楽しめるので、とても得した気分になれますね。

 

 

ただ、ハウスの高さが低めで中腰で進まないといけないので、大人はちょっと大変でした。

 

果物の持ち帰りは計量して別料金となっています。

 

ぶどうは1キロで900円なんですが、シャインマスカットだけは1人一房までという制限があるので注意してください。

 

もう一つの注意点は、持ち込みできるのが貴重品とカメラだけということ。バッグなどは車に置いていったほうがいいですね。

 

荷物は受付でも預かってもらえます。

 

 

仁木駅から無料送迎もしてもらえます。

 

車で行く場合は札幌からでも高速を使って1時間、高速を使わずに行っても1時間40分ほどで行くことができます。

 

無料駐車場があって1500台も止めることができるので、駐車場の心配をする必要がないのは嬉しいですね。

 

隣の余市町までも車で10分ほどで行ける距離です。

 

料金(ぶどう狩りのみの場合)
大人(中学生以上)900円
こども(小学生)700円
幼児(3歳以上)500円

 

料金(旬の果物狩り​フルコース)
大人(中学生以上)1100円
こども(小学生)900円
幼児(3歳以上)600円

 

期間中は無休で営業しています。

 

営業時間は8:00~17:00となっていますが、時期によって異なります。

 

その他のさくらんぼ山観光農園の情報や周辺情報などは、楽天たびノートに詳しく載っていますよ。

 

>>さくらんぼ山観光農園の詳しい情報を見る

ぶどう狩り 北海道で巨峰が食べ放題の農園は?

結論から言うと、残念ながら北海道のぶどう狩りで巨峰を食べられるところはありません。

 

ですが巨峰系の大粒の品種が食べ放題のところがありますよ!

 

おすすめの農園を2か所ご紹介します。

千田ぶどう園

まずは由仁町にある千田ぶどう園です

 

新千歳空港から車で40分ほどで行ける距離になので比較的行きやすいところにあります。

 

 

こちらのぶどう園のぶどうはすべて大粒巨大種で巨峰系の紫玉と藤稔(ふじみのり)があります。

 

巨峰に負けず劣らずジューシーでおいしいですよ。

 

他にも多摩ゆたか、安芸クィーン、ウエハラ、紅伊豆などなどお店でも見たことのない品種がたくさんあります。

 

ここでしか食べられないのでとても貴重ですよね。

 

そして驚くことにこのぶどう園のぶどうはすべて無農薬なんです。

 

安芸クイーンなど皮ごと食べられる品種もあるんですが、無農薬なら安心して食べられますよね。

 

ぶどうだけじゃなくてプルーンや甘くておいしいミニトマトのアイコも食べ放題でしたよ。

 

ベンチやいす・テーブルなどがあるので、ある程度とったら座ってゆっくり食べられるのもいいですね。

 

 

料金
大人(中学生以上) 1100円
こども(4歳以上)550円

タカシナ観光果樹園

壮瞥町のタカシナ観光果樹園にも巨峰系の紫玉、そして大粒なのに種なしで最近人気のピオーネがあるんです。

 

ピオーネなんてお店で売っていても高級でなかなか買えないので、これは嬉しいですね。

 

9月下旬頃のピオーネは甘くてとてもジューシー。

 

ぶどうのほかにもりんごや梨、プルーンなども追加料金なしで食べることができますよ!

 

それなのに大人(中学生以上)880円とリーズナブル。

 

持ち帰りは別料金です。

 

 

料金
大人(中学生以上)880円
こども(小学生)680円
幼児(3歳以上)480円

2021年シャインマスカット狩り 北海道でおすすめの時期はいつ?

北海道でぶどう狩りができる時期は9月上旬から10月下旬です。

 

その中でも、シャインマスカット狩りは9月中旬~下旬が目安となります。

 

しかしこれは本当に目安で、年によって天候が違うのでお目当ての品種が食べられないことがあります。

 

ぶどうの旬がもう過ぎていて、がっかりして帰ってくるなんてことがあるので注意してくださいね。

 

2021年のシャインマスカット狩りができる時期はそれぞれのぶどう園のHPやTwitterを見たり、自分が食べたい品種の情報が載っていなかったときは電話して聞いてみるのが一番確実です。

 

さくらんぼ山観光農園のTwitterでは、シャインマスカット狩りが始まる日と終わる日をお知らせしてくれるので、時期が近くなったらチェックしておくといいですよ。

 

ちなみに、シャインマスカットは北海道仁木町のふるさと納税の返礼品にもなっていてとても人気があります。

 

2020年10月に誕生した仁木町産のシャインマスカットの新ブランド「ララシャイン」は普通のスーパーなどでは売っていない希少なものです。

 

 

まとめ

・シャインマスカットが食べ放題なのはさくらんぼ山観光農園
・巨峰系のぶどう狩りなら千田ぶどう園
・タカシナ観光果樹園では巨峰系に加えてピオーネも食べ放題

 

ぜひ自分が食べたい品種をねらってぶどう狩りを楽しんでください。

 

もし時期を逃してしまったときは、旬の産地のシャインマスカットやぶどうを通販でお取り寄せするのもいいですね。

 

 


   イベント