暮らし

シルバー磨きの代用に重曹や日焼け止めは使える?100均に売ってるものを使う方法や裏ワザも紹介!

シルバー磨きの代用

久しぶりにシルバーのアクセサリーをつけようと思ったら黒ずんでいて困った!

 

そんなときは、専用のシルバー磨きの道具がなくても重曹や日焼け止めで代用できますよ。

 

ただし、ちょっとした注意点もあるので詳しく説明していきますね。

 

重曹や日焼け止めの他にも、家にあるものを代用した裏ワザ的な方法もありますよ。

 

また、100均でもシルバー磨きに使えるものが売ってるので紹介していきますね。

 

シルバー磨きの代用に重曹や日焼け止めはなどの家にあるものや身近なものは使える?

 

重曹や日焼け止めはシルバー磨きの代用として使えます。

 

ただし、いぶし加工やメッキ加工しているものは、加工が落ちてしまう可能性があるので対象外となります。

 

それでは、注意点と共に使い方を説明していきますね。

 

重曹

 

重曹をシルバー磨きの代用として使う方法には2通りあります。

 

まずはお湯を使う方法を紹介していきます。

 

≪用意するもの≫

 

  • シルバーのアクセサリーが入る大きさの耐熱容器
  • アルミホイル
  • 重曹 小さじ1
  • 熱湯 200CC

 

容器はアクセサリーが入る容器なら何でも大丈夫なんですが、食べ物を入れるようなものは衛生的に避けたいですよね。

 

キャンプなどのアウトドアで使うような深めの使い捨て容器や紙コップなどがあれば、それを使うのがいいと思います。

 

アルミ製の容器があればアルミホイも使わずにできるのでラクちんですよ。

 

≪やり方≫

 

  1. 容器の内側をアルミホイルで覆うようにする
  2. その中にシルバーアクセサリーを入れる
  3. アクセサリーに重曹を振りかける
  4. 熱湯を注いで5分ほど置く

 

何も飾りのついていないシンプルなシルバーアクセサリーなら、全体を熱湯に浸してしまっても大丈夫なのですが、天然石などが付いたアクセサリーはその部分がお湯につからないように注意してくださいね。

 

変色や変形、飾りの部分が取れてしまう原因になります。

 

ギリギリまでお湯につけるには手で持っていると熱いので、割り箸を使うと便利ですよ。

 

最初は重曹がブクブク泡立っていますが、時間がたつと泡が落ち着いてくるので、そのタイミングで一度取り出して様子を見てください。

 

まだ黒ずんでいるようだったら時間を少し伸ばしてみるといいですよ。

 

重曹のペースト

 

最初に紹介した重曹とお湯を使った方法でほぼきれいになるのですが、細かい溝などの黒ずみが少し残っていることがあります。

 

そんなときは重曹をペースト状にしたもので磨くといいですよ。

 

≪用意するもの≫

 

  • 重曹
  • 重曹を入れる容器
  • 柔らかい布

 

この時使う容器はどんな素材のものでも大丈夫です。

 

≪やり方≫

 

  1. 重曹を容器に入れる
  2. 水を少しずつ入れて混ぜる(ペースト状になるまで)
  3. シルバーにペースト状の重曹を塗って指で軽くこする
  4. 水かぬるま湯で重曹ペーストを洗い流す
  5. 柔らかい布で水分をふき取る

 

細かくて指では届かない場所は、使い古しの歯ブラシを使って磨くときれいになります。

 

傷がつくことがあるので、力を入れ過ぎないように注意してくださいね。

 

日焼け止め

 

日焼け止めもシルバー磨きの代用になります。

 

わざわざこのために買わなくても、残ってしまった去年の日焼け止めでも大丈夫ですよ。

 

古い日焼け止めは顔や体に塗るには抵抗がありますが、シルバー磨きの代用として使うには何の問題もなく使えます。

 

≪用意するもの≫

 

  • 日焼け止め
  • 柔らかい布やティッシュペーパー

 

シルバー磨きに使うと布が黒く汚れてしまうので、使えそうな布が見つからなければティッシュを使っても大丈夫ですよ。

 

≪やり方≫

 

  1. 柔らかい布やティッシュに日焼け止めを少量つける
  2. 日焼け止めが付いた布やティッシュでシルバーを優しくこする
  3. ぬるま湯できれいに洗い流す

 

重曹を代用に使った時のようにお湯を用意したり、水で溶く手間がないので簡単に黒ずみがきれいになります。

 

歯磨き粉

 

歯磨き粉もシルバー磨きの代用に使えるんですが、どんな種類でも使えるわけではありません。

 

歯磨き粉の名前に「つぶ~」とついていたり、顆粒入りなんて書かれているものは使うと傷がついてしまう可能性があります。

 

シルバー磨きの代用として歯磨き粉を使うときには、粒が入ったものは絶対に避けてプレーンなものを使ってくださいね。

 

≪用意するもの≫

 

  • 歯磨き粉(粒入りはダメ)
  • 柔らかい布やティッシュペーパー

 

≪やり方≫

 

  1. 柔らかい布やティッシュに少量の歯磨き粉をつける
  2. 1でシルバーを優しくこする
  3. 水やぬるま湯で歯磨き粉を洗い流す

 

布でこするときに、天然石などの飾りに歯磨き粉が付かないように注意してくださいね。

 

天然石などは磨くと光沢がなくなってしまうことがあります。

 

細かいところは、歯ブラシや綿棒を使うと便利ですよ。

 

 

塩もシルバー磨きの代用になりますよ。

 

重曹や日焼け止め、粒が入っていない歯磨き粉がない!ってことがあっても、塩がない家はまずないですよね。

 

これは誰でもできる方法になります。

 

≪用意するもの≫

 

  • 熱湯
  • シルバーを入れる耐熱容器
  • アルミホイル

 

熱湯を使うのでプラスチックなどで耐熱温度が低いものは使えません。

 

アウトドアのときの定番の使い捨ての容器や紙コップなどでもOKです。

 

アルミの使い捨て容器があればアルミホイルはいらなし、手間が減るので一番おすすめです。

 

≪やり方≫

 

  1. 容器の内側をアルミホイルで覆うようにする
  2. 1に熱湯と塩を5:1になるように入れる(お湯が100ccなら塩は20g)
  3. シルバーを2に入れる(天然石などの飾り部分にはつかないように)
  4. 2分~3分浸したあとに取り出す
  5. 水やぬるま湯できれいに洗い流す

 

飾りがついている部分もお湯につかってしまうと、温度によって変質してしまったり接着剤が弱まって石が取れてしまう可能性があります。

 

お湯を使う場合、そこだけは十分注意してくださいね。

 

塩と熱湯で黒ずみが取れない場合

 

あまり効果が見られない場合は、火にかけることで効果が高まります。

 

小さめの鍋にアルミホイルを敷いて、上で使っていた液をそのまま入れて沸騰させるだけです。(アルミ鍋があればアルミホイルは必要なし)

 

沸騰させた後に数分そのまま置いてからシルバーを取り出して、水ですすいでください。

 

朱肉

 

朱肉もたいてい家にありますよね。

 

シルバーの黒ずんでいるところに朱肉をつけて柔らかい布で軽くこするだけです。

 

朱肉の中に入っている金属や油などの成分がシルバー磨きの代用となって、黒ずみをきれいにしてくれるんですよ。

 

消しゴム

 

細かいところには使えないのですが、大き目のシルバーアクセサリーなら消しゴムを使った方法が一番簡単です。

 

用意するものは消しゴムひとつだけ。

 

やり方は説明するまでもなく、シルバーアクセサリーの黒ずんだ部分を消しゴムでこするだけと超単純。

 

とにかく手間をかけずにすぐシルバー磨きをやりたいなら消しゴムがおすすめです。

 

ただし、範囲が広いと手が疲れるのと消しカスが大量に出るというデメリットはあります。

 

ダイソー シルバー磨き消しゴム

普通の消しゴムでもシルバー磨きの代用になるのですが、ダイソーにはシルバー磨き専用の消しゴムが売っています。

 

 

パッケージにもちゃんと「シルバー専用」と書いてあります。

 

メイクコーナーの近くのヘアアクセサリーなどの売り場の並びにありましたよ。

 

文房具ではなくシルバー磨きに特化してるので、より磨きやすくなっています。

 

研磨剤は入っていないので、傷つくことを心配する必要はありません。

 

クロスでシルバーを磨くと布が黒ぐ汚れてしまうのが難点ですが、ダイソーのシルバー磨き消しゴムなら、汚れた部分が消しカスとなるので、いつもきれいな面で磨くことができるというメリットもありますね。

 

メガネ拭き

 

メガネをかけている人が家族にいるなら、眼鏡拭きも家にあるはずですよね。

 

メガネ拭きもシルバー磨きの代用になります。

 

シルバーアクセサリーの黒ずんでいるところを軽くこするだけできれいになります。

 

ただ、眼鏡拭きが黒く汚れてしまうので、予備の眼鏡拭きがない場合はやめておいた方がいいかもしれません。

 

でも、メガネふきは100均でも売っているので気軽に買い替えることはできますよ。

 

炭酸水

 

炭酸水もシルバー磨きの代用として使えます。

 

ただし、コーラなどの糖分の入っているものを使うのは避けた方がいいですね。

 

わざわざ新しいものを使わなくても、前日に飲み残して少し炭酸が抜けてしまったものも使用できますよ。

 

容器にシルバーアクセサリーを入れて、十分に浸かるだけの炭酸水を注いで一晩放置するだけで黒ずみがきれいに落とせます。

 

塩や重曹を使った時のように数分できれいになるわけではなく、時間がかかる方法なので、すぐに使いたいときには不向きです。

 

牛乳やヨーグルト

 

牛乳やヨーグルトを柔らかい布につけて軽くこすると黒ずみを落とすことができます。

 

少しこすってみて落ちない場合は、数時間牛乳やヨーグルトにつけ置きしたあとにもう一度布でこすると、黒ずみを簡単に落とすことができるようになります。

 

牛乳やヨーグルトに含まれている乳糖の成分で黒ずみを落とすことができるんですよ。

 

磨き終わった後は水できれいに洗い流してくださいね。

 

 

お酢などの酸性のものもシルバー磨きの代用になります。

 

ただし、皮脂などの汚れやくすみはきれいに落とせるのですが、硫化が原因の黒ずみにはあまり効果はありません。

 

黒ずみが気になっている場合は上で紹介した重曹、日焼け止めクリーム、塩などを使ってくださいね。

 

≪用意するもの≫

 

  • 酢 小さじ1
  • 熱湯
  • 耐熱性の容器

 

≪やり方≫

 

  1. 容器に酢を小さじ1入れる
  2. 1に熱湯を注ぐ(量はシルバーアクセサリーが浸かるくらい)
  3. アクセサリーを入れてそのまま1時間放置する
  4. 水できれいにすすぐ

 

酢を使うとにおいが気になるわと思うなら、クエン酸でも代用できますよ。

 

ちょっと裏ワザっぽくなってしまうのですが、酸性の液体ということでトマトジュースも代用として使えます。

 

お酢やクエン酸のときのようにお湯を沸かす手間がいらないので、トマトジュースを使った方が簡単にきれいになるんですよ。

 

中性洗剤

 

食器を洗うときに使うような中性洗剤もシルバー磨きの代用になります。

 

ですが、これも酢と同じように皮脂などの汚れやくすみは落とせますが、黒ずみにはあまり効果はありません。

 

やり方は食器を洗うときのようにスポンジに中性洗剤をつけて、シルバーアクセサリーを洗うだけ。

 

すすぎはしっかりして柔らかい布で水分をふき取ってくださいね。

 

シルバー磨きクロスはダイソー セリア キャンドゥなどの100均で売ってる?

 

上で紹介してきたシルバー磨きの代用品は普段家にあるような身近なものなので、ほとんどダイソー、セリア、キャンドゥのような100均に売っています。

 

でも、わざわざ100均に買いに行くのならシルバー磨き専用のものを買った方がいいですね。

 

実は100均にはシルバー磨き専用のクロスが売っているんですよ。

 

「シルバー磨きクロス」「シルバーアクセお手入れシート」「金属磨きクロス」「金ピカ美人」という名前で売っています。

 

ダイソー、セリア、キャンドゥのヘアアクセサリーなどが売ってるコーナーにあることが多いので、売り場で探してみてください。

 

クロスには研磨剤が含まれているので、優しく磨くだけで黒ずみがキレイに落とせます。

 

シルバー以外の部分は傷ついてしまう恐れがあるので、上手く避けて磨くように注意してくださいね。

 

シルバー磨きの液体 シルバークリーナーは100均で売ってる?

 

残念ながらシルバー磨きの専用の液体はダイソー、セリア、キャンドゥなどの100均には売っていませんでした。

 

シルバー磨き専用の液体のシルバークリーナーを手に入れたいなら、ジュエリーショップなどの専門店に行くかネット通販で買う必要があります。

 

頑固な黒ずみは紹介したシルバー磨きの代用では落ちないことがあるので、そんなときは専用の液体のシルバー磨きを使うといいですね。

 

 

Hagerty(ハガティ)シルバー・クリーン ミニキット 50mlは必要なものが全てそろっていますよ。

 

レビューでも、代用品や他の専用クリーナーで落ちなかった黒ずみがすぐに落ちたと評判です。

 

ティファニーのシルバーのネックレスが黒ずんでしまっており、
ネットで見た重曹で試してみるもあまり綺麗にならず…。
ダメ元でこちらの商品を購入。
こちらの液に漬けて十数秒、液から出した直後は曇ったようなシルバーの色に変化し、
その後クロスで磨くとみるみるうちに綺麗に光沢が出てきました。
買った直後のような輝きに戻り大満足です。
買って良かったです。

 

出典:Amazon

 

スネークチェーンのネックレスの黒ずみが気になり、重曹や塩やシルバークロスを使ってみたのですが、満足に汚れが落ちませんでした。
新しいものに買い替えようかと検討していたところ、口コミが良かったこちらの商品を見つけました。
ダメ元で試したところ、一瞬で汚れが落ちて驚きました。
今までの努力は一体何だったんだろうという感じです。

出典:Amazon

 

ちなみに、金属磨きで有名なピカール液やピカールネリはシルバーには使って使えないことはないのですが、摩耗する可能性があるのでおすすめしません。

シルバーが黒ずむ原因

 

そもそもなぜシルバーが黒ずむかというと、硫黄と銀が反応するためです。

 

硫黄の成分と聞いて一番最初に思いつくのは温泉ですよね。

 

温泉には硫黄成分が含まれていることは多いので、入るときはシルバーの指輪などは外した方がいいですよ。

 

また、硫黄は温泉以外にもシャンプー、化粧品、ヘアスプレーなど身近なものにも含まれていますし、空気中にも微量に含まれています。

 

だから、温泉に入らなくてもシルバーアクセサリーをつけて普通に生活しているだけでも少しずつ黒ずんでくるんです。

 

シルバーアクセサリーを外したあとは、クロスで拭いてから小さな袋に入れてなるべく空気に触れないようにしておくことで黒ずみを予防することができます。

 

まとめ

シルバー磨きの代用に重曹や日焼け止めが使えますし、他にも身近なもので使えるものはたくさんありました。

 

まずは家にあるもので試してみて、それでも落ちない頑固なシルバーの黒ずみは専用のシルバー磨きを使うといいですね。

 

 

 


   暮らし