家事

あさりの砂抜きを一晩すると死ぬ?見分け方は?常温でもOK?食べられる?

あさりの砂抜きを一晩すると死ぬ?冷蔵庫に入れる?

 

あさりの砂出しをしようとしてうっかり一晩常温においてしまった。

 

あさりの白い管が出たままだけど死んでるの?

 

結論から言うと、そんな状態だからって死んでいると判断するのは早すぎます!

 

あさりの砂抜きを一晩すると死ぬっていうのは、たまたま条件が悪かったときくらいですから。

 

ちゃんと見分け方があるので、安心してくださいね。

 

  • あさりの砂抜きは冷蔵庫に入れた方がいいの?常温でも大丈夫?
  • 死んだアサリは食べられるの?

 

についても詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

あさりの砂抜きを一晩すると死ぬって本当!?臭いのは死んでるから?

結論から言ってしまうと、あさりの砂抜きを一晩すると死ぬっていうのはウソです

 

確かにあさりの砂抜きを一晩やると、白い管が出たまま動かないことがあるので、「死んでしまった!?」とビックリすると思います。

 

でもそれはただ弱っているだけかもしれません。

 

あさりは死ぬと硫黄のような強烈な臭いがします。

 

あさりの砂抜き一晩して臭いと感じたら、迷わずに捨ててください。

 

変な臭いがしないなら、一度水を捨てて容器ごと振ってみるか手でガシャガシャと勢いよくかき混ぜてみてください。

 

生きていればビックリして、いっせいに管をひっこめるはずです。

 

それでも何の反応もなければ残念ながら死んでいます。

 

そもそもあさりの砂抜きはスーパーで買ってきたあさりは1~2時間、潮干狩りでとってきたあさりでも3~4時間くらいで十分できます。

 

なので、一晩は長すぎるっていう忠告も入って、死ぬと噂されているのかもしれないですね。

 

でも、条件が悪ければ死ぬことがあるのも確かです。

塩分濃度

あさりを砂抜きするときに使う塩水の濃度が、濃すぎても薄すぎても死ぬ原因になってしまいます。

 

めんどくさくても適当にやっちゃダメですよ!

塩水の量

あさりをたっぷりの塩水に入れて砂抜きしていませんか?

 

たっぷりの塩水に一晩つけておくと窒息して死んでしまう可能性があります。

 

塩水の量はあさりが半分出るくらいでちょうどいいんですよ。

 

あさりの砂抜きの正しい方法や失敗したときの対処法などはこちらの記事に詳しく書いてあります。

よかったら読んでみてくださいね。
>>あさりの砂抜きは真水?塩水?真水で死ぬの?失敗したら対処法は?

あさりの砂抜きは冷蔵庫に入れた方がいいの?常温でも大丈夫?

 

あさりの砂抜きを一晩すると死ぬの?

 

あさりの砂抜きは冷蔵庫に入れずに、常温でやった方がいいのですが、時期によっては注意が必要です。

 

塩分濃度もちょうどいいし、水の量も適量なのにあさりが死んでしまった。

 

そんな時は温度が高すぎて失敗した可能性があります。

 

あさりの砂抜きに最適な温度は15℃~20℃くらいです。

 

この温度なら、冷蔵庫に入れずに常温で一晩砂抜きをしてもあさりが死ぬ可能性は低いです。

 

これが温度が25℃を超えてくると、あさりが一晩で死んでしまう可能性が高くなってきます。

 

だからといって冷蔵庫の中で砂抜きをやろうとしても、今度は逆に温度が低すぎて砂抜きがうまくできません。

 

あさりを冷蔵庫に入れると死ぬわけではないのですが、温度が低いと活動をあまりしなくなる性質があるので、じっとしてるだけで砂もあまり吐いてくれないんです。

 

できれば、温度が高いときはエアコンなどで調整しながら、あさりの砂抜きをするのが理想です。

 

砂抜きの時間も長くても4時間を超えないように注意しましょう。

 

そして砂抜きが終わったらすぐに塩水から出して、調理するまで時間があくなら、冷蔵庫や冷凍庫で保存するのがおいしく食べるコツです。

死んだアサリは食べられるの?

死んだアサリは食べられるのかというと基本的にはNOです。

 

基本的にはというのは、ついさっきまで生きていたということが確認できていたらもちろんそれは食べても問題ないです。

 

でも現実問題、あさりがいつ死んだのかはわからないですよね?

 

1秒前かもしれないし、10時間前かもしれない…。

 

いつ死んだかわからないアサリは食べることができないんです。

 

でも普通に考えると、魚や肉は死んだものを買ってきて普通に食べているのだから、あさりだって食べられると思いませんか?

 

では死んだアサリはなぜ食べられないのでしょう?

 

それは、アサリは死んでから腐るまでが非常に短時間だからです。

 

アサリは腐ると異臭を放つのですぐにわかります。

 

ちょっとくらい変な臭いがしても火を通せば食べられると思うかもしれませんが、それは絶対にやめましょう。

 

この臭いは加熱してもなくなることはないし、食中毒を引き起こす可能性があるので非常に危険です。

まとめ

  • 適切な塩分濃度・水量・温度であればあさりの砂抜きを一晩しても死なない
  • 温度が25℃以下なら常温で砂抜きしてもOK
  • 冷蔵庫で砂抜きしても死ぬことはないが、砂抜きはうまくできない
  • そもそもあさりの砂抜きは一晩もかからない(長くても4時間で十分)
  • 死んだアサリは基本的に食べることができない

 

あさりの砂抜きを一晩やってしまったからといって死ぬわけではないんですね。

 

変な臭いがしなければ安心して食べましょう。

 

でも砂抜きは一晩もやってしまうと弱ってしまうのは確かなので、長くても4時間までにとどめておくのがおすすめです。

 

常温で砂抜きをした後は、すぐに冷蔵庫に入れるのが理想ですね。

 


   家事